双極性障害と長く付き合う

双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法

うつ病だけじゃない

男性

うつ病と類似した双極性障害は、うつ状態と興奮状態である躁状態を交互に繰り返すことが特徴で、うつ病とは処方される薬が異なります。双極性障害は、躁状態が重度であれば区別することも困難ではありませんが、軽度の躁状態の場合、日常生活に支障をきたさないレベルの症状しか出ないため、判別は困難です。

もっと読む

うつと躁を繰り返す病気

カウンセリング

鬱と躁を交互に繰り返す症状を双極性障害といい、これは周囲の人間が気付いてあげることが大切です。また、これを発見するには長い期間、医療機関で診てもらう必要があります。より効果的に治療を進めていきたい方は、セカンドオピニオンを受けてもいいでしょう。

もっと読む

二大精神病のひとつ

2人の女性

統合失調症は二大精神病として挙げられており、そのもう一方が「双極性障害」になります。これは、誰にでも患う可能性があり、うつ病患者が発症するケースが多いと言われています。社会生活において非常に高いリスクを抱える精神疾患であり、周囲の人たちが正しい治療を把握しておくことが大切です。

もっと読む

完治する為に必要なこと

レディ

双極性障害は気分障害の一種である。うつ状態と躁状態を繰り返すため、時には入院治療も必要な疾患である。特に躁状態の時に周囲を困惑させる行動を取りやすい。適切な診断に基づく服薬治療が必要になるが、並行して心理療法を取り入れることも良い。患者自身だけではなく、周囲のサポートが必要な疾患である。

もっと読む

躁と鬱の状態が交互に

ナース

双極性障害は鬱と躁の状態を繰り返すものであり、診断では鬱病と診断されてしまうことがあります。しかし、その治療法はそれぞれ異なります。双極性障害は炭酸リチウムなどを使用して、薬の症状を上手にコントロールしてもらうことが大切です。症状によっては入院が必要になることもあります。

もっと読む

正しい治療が必要

女医

自殺率が高い病気

双極性障害とは、以前では躁うつ病と呼ばれていたものです。うつ病は気分が落ち込んだりやる気が出なかったりする状態がずっと続くものですが、双極性障害は気分が落ち込んだうつ状態と気分が高揚している躁状態を繰り返します。うつ状態では全てにおいてやる気が出なくなり何もできなくなることで日常生活が送れなくなります。躁状態では無謀なことをしがちで、ギャンブルに大金を費やしたり突然ケンカを始めたりといった後先考えない行動が続き日常生活が送れなくなります。世界的にみると1%の割合で罹患して、誰にでも起こりうる病気です。躁状態の時は気分が高揚していますが、その時の行動によって確実に社会的信用を落としています。うつ状態になると、躁状態の時に起こした行動を思い返し後悔におそわれます。さらに躁状態の時の行動で友人が去っていく場合が多いので、支えてくれる人が少なくなります。結果的に、双極性障害にかかると自殺率が高まります。海外の研究によれば、双極性障害を患うと5人に1人の割合で自殺という結果を招いてしまいます。自殺という結果に陥らないためにも、正しく治療することが大切です。

カウンセリングを大切に

双極性障害は、うつ病から始まることが多いとされています。なので、うつ状態で病院にいくと抗うつ剤を処方されます。ただ、ずっとうつ状態が続くわけではないので、双極性障害では抗うつ剤は効果が低くなります。むしろ、抗うつ剤により躁状態になりやすくなるので、取り扱いには注意が必要です。どうしようもないほどのうつ状態の時にのみ使われることが多いです。双極性障害には気分の高まりや落ち込みの波を小さくさせる気分安定剤を用います。また、双極性障害は不眠が続く場合が多いので睡眠薬も使われることが多いです。双極性障害は、うつ状態と躁状態を繰り返しますが、その途中でうつ状態でも躁状態でもない時があります。そういう時に「もう治った」と誤認し、治療を中止してしまうのは危険です。自己判断をせずに、必ず医師の診察を受けることが大切です。双極性障害は脳のバランスの問題なので、カウンセリングだけで治るというものではありません。しかし、双極性障害を患うことで自己評価が下がったり自己嫌悪に陥ったりしています。低い自己評価や自己嫌悪感は、症状を悪化させる原因にもなりますし、衝動的な自殺を引き起こします。医師とのカウンセリングはしっかりと行い、カウンセリングに通いながら自分の気持ちとの付き合い方を学んでいきます。

Copyright © 2016 双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法 All Rights Reserved.