うつと躁を繰り返す病気|双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法
婦人

双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法

うつと躁を繰り返す病気

カウンセリング

周囲の人の気付きが大切

双極性障害は、うつ状態と躁状態を繰り返す状態が、2週間以上続くと定義づけられています。うつ状態のときは、気分の落ち込みや不安感に襲われるので、どんよりした顔つきになります。人によっては、起き上がれなくなったり、常に頭痛や吐き気に襲われたりします。躁状態のときは、朗らかによく笑います。自信と幸福感に満ちていて、明るく社交的にふるまいます。また、遠方への旅行や高額な買い物など、通常では考えられないほどの行動力を発揮するケースもあります。この行動の変化は、本人は気が付きません。そのため、双極性障害を発見するきっかけは、周囲の人が気付くことであるといえます。この症状が悪化すると、学校や会社に行けなくなったり、人間関係がうまくいかなくなったりします。また、うつ状態の際には、自殺をする可能性があります。よって、疑わしい行動があれば、家族や近所の人が本人に対して受診を勧める必要があります。もし、本人が意見を聞き入れないようであれば、民選委員やかかりつけ医などに相談すると良いです。

セカンドオピニオンを利用

双極性障害は、うつ病と間違えて診断されることがあります。その理由は、躁状態よりうつ状態に陥っている機関の方が長いためです。この病気は、数日おきに気分の落ち込みと高揚が入れ替わるので、受診時に暗い表情をしていると、うつ病と診断されやすくなります。一方、躁状態のときに受診すると異常なしの結果が出やすくなります。よって、長期にわたって医療機関に通院して、気分の双極性があるか否かを確実に見極める必要があります。また、この病気は、統合失調症や境界性パーソナリティー障害ととらえられることもあります。いずれにせよ、正しい治療を受けるためには、的確な診断が求められます。そのためには、セカンドオピニオンの利用も効果的です。セカンドオピニオンとは、複数の医師に病気を見立ててもらうことです。かかりつけ医と異なった経歴や見解を持つ医師に受診することで、異なる診断が下ったり、新たな治療法が見い出せることがあります。この工夫によって、双極性障害の可否を明確に判断して、早期の治療と回復につなげることができます。

Copyright © 2016 双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法 All Rights Reserved.