躁と鬱の状態が交互に|双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法
婦人

双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法

躁と鬱の状態が交互に

ナース

診断が難しい病気

躁の状態と鬱の状態が交互にあらわれてくる障害を、双極性障害と呼んでいます。躁の状態のときには気分が高揚して、自分がなんでもできるような感じがしてきます。夜中は、目が覚めてしまって一睡もしなくなったり、ギャンブルに依存してみたり、大量の飲酒を行って常軌を逸脱した行動に走りがちになってしまいます。このような状態は双極性1型の状態で,躁の状態がはっきりとしていて、周囲から見てもわかりやすくなっています。双極性1型に比べて躁の状態が軽くなっているのが、双極性2型です。本人は調子が良好な状態と勘違いしていて、自分が躁の状態であることを自覚していない人がほとんどです。自分でも辛くなっている鬱状態の時に、精神科や心療内科を訪れることになりますので、双極性障害の鬱状態ではなく鬱病と診断されるケースが多くなってきています。双極性障害と鬱病の治療は根本的に違いますから、鬱病の治療を行っているときに、なかなか回復せず実は双極性障害だったと病名を変更されることもあります。

炭酸リチウムでの治療

双極性障害の治療を行っていくうえで人気がある薬は、炭酸リチウムです。この薬は効果が出てくる薬の使用量と、副作用が発生してくる使用量の差があまり離れていません。ですから精神科、心療内科の医師の管理や処方が最も大切になってくる薬です。副作用には手がふるえてきたり、口が渇いたり、眠気、ふらつき、吐き気や下痢などの症状が現れてきます。薬の量をうまくコントロールできれば、双極性障害に大変に有効な薬になっています。ですがこの双極性障害は再発しやすい病気にもなっています。一晩でテンションが高くなることも多く日ごろから、薬の服用を忘れることなく本人や家族の人が病気に対する理解を深めておくことが大切になってきます。躁の状態のときは放っておくと、どんどんと状態が悪化してしまいがちになってきます。時には暴力行為に発展してしまうことや、社会的な問題行動を引き起こしてしまうこともあります。医師とよく相談して対処することが重要で、ひどくなれば入院治療が必要になってくることもあります。

Copyright © 2016 双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法 All Rights Reserved.