うつ病だけじゃない|双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法
婦人

双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法

うつ病だけじゃない

男性

うつ病に似ているが

うつ病は比較的知名度が高くなり周囲の理解が進んできました。また、医療技術の進歩もあり、症状を軽減させたり場合によっては根治できたりします。ただ、うつ病によく似たものに双極性障害があります。これは、うつの状態と躁の状態が交互に発生するものであり、うつの状態の患者しか見たことがない場合には、これをただのうつ病と勘違いしてしまいかねません。うつ病の薬と双極性障害の薬は作用が異なります。うつ病は精神を亢進させる作用のある薬が処方されますが、双極性障害の場合は精神を安定させる必要があります。精神の波が上下に揺れているため、亢進させるだけだと、躁状態のときに歯止めが利かなくなってしまうからです。躁状態において注意深く観察すべき点は、突然活動性が高まる、会話が流暢になるなどです。時には興奮状態が行き過ぎて怒りっぽくなることもあるため油断はできません。また、自分が偉い立場にいるような錯覚に陥ることも珍しくなく、命令口調になり行動が乱暴になりやすいです。躁状態は1週間以上継続した場合は、重度の躁状態とみなされます。このレベルになると、日常生活を送ることが困難なレベルになり、場合によっては他社へ危害を加えかねませんので、直ちに治療が必要になります。一方、4日間ほどでおさまり日常生活を送るうえでそこまで問題ない程度であれば、軽度の躁状態と判定されます。

どうやって見分けるのか

うつ病との区別が難しい双極性障害ですが、特徴はいくつかあります。重度の躁状態が発生する場合は、うつ状態から躁状態への変化が比較的大きいです。長期間のうつ状態の後に、うつ状態から回復して安定したような期間が数日間あります。そのあとに、一気に躁状態となり言動の乱暴さや興奮状態などの明確な症状があらわれます。躁状態となっている期間は回数を追うごとに短くなる傾向にあるので、早い段階で双極性障害であることに気づけるかがポイントです。しかし、躁状態が軽度の場合はうつ病と間違えやすいです。というのも、うつ状態がかなり長期間に及ぶので、診断もうつ病になりやすいのです。うつ状態から安定状態に入る期間が長く、躁状態になる場合も重度の躁状態と比べて日常生活に支障をきたすレベルではないので、「うつの症状が回復して安定したまま経過できている」と誤解されるケースが少なくありません。しかも、躁状態の継続期間が短くなる傾向もありますから、その点でも判別が難しくなります。何より、患者自身が躁状態であることの自覚を感じにくいため、うつ病なんだと勘違いしてしまいがちです。そうなると、双極性障害だと気づくきっかけがさらに少なくなってしまいます。そのため、躁状態のときに周囲の人間が何か異変を感じたら、精神科や心療内科に診察させることが大切です。身体を蝕む病気と同じように、双極性障害も早期発見することで回復を早めてくれます。また、診療科に無理やり連れて行くと、かえって症状が悪化してしまうことがあります。そのため、自然な流れで病院に連れて行くといいでしょう。

Copyright © 2016 双極性障害を詳しく解説|躁状態やうつ状態の対処法 All Rights Reserved.